スカイプについて

無料会員登録

今日の韓国写真

‘괄도네넴띤’. 팔도가 비빔면 출시 35주년을 기념해 선보인 제품의 이름이다. 팔도 비빔면 포장지 글씨체가 언뜻 ‘괄도네넴띤’처럼 보인다고 해 젊은 층 사이에서 유행한 신조어에서 따왔다.  
이는 멍멍이를 ‘댕댕이’로 표기하는 것과 같이 기존에 있던 단어를 비슷한 모양의 글자로 변형하는 방식이다.   
   
팔도는 이 신조어를 한정판에 적용해 판매하기로 결정했다. 기존 팔도 비빔면과 달리 포장에서부터 차별화를 뒀다. 비빔면을 상징하는 파란색 대신 흰색 바탕으로 포장해 시각적인 효과를 극대화했다. 또 기존 제품보다 더 맵다. 괄도네넴띤엔 할라피뇨 분말과 홍고추가 들어가 매운 정도를 나타내는 스코빌 지수가 2.652SHUD에 달해 기존 팔도 비빔면보다 5배 더 매운 것이 특징이다.   
   
괄도네넴띤에 대한 소비자 반응은 폭발적이다. 팔도는 지난 19일부터 25일까지 일주일간 온라인 쇼핑몰 11번가 단독으로 이 제품의 판매에 들어갔다.  
   
각종 포털에선 괄도네넴띤이 인기검색어 톱10에 꾸준히 오르며 소비자의 이목이 쏠렸고, 준비했던 일주일 치 판매 물량 1만 5000세트(7만 5000개)는 불과 23시간 만에 전부 팔렸다. 팔도 측은 부랴부랴 괄도네넴띤 공장 라인 완전가동에 들어갔으며 3월 초로 예정된 오프라인 판매를 앞당긴다는 계획을 세우고 있다.       
   
  윤인균 팔도 마케팅 담당자는 “네넴띤이란 제품을 출시하기까지 언어 파괴라는 측면에서 우려의 목소리가 높아 내부적으로도 고민이 많았다”며 “하지만 문화로 받아들이는 게 맞는다고 판단해 출시를 결정했다”고 말했다. 그는 또

‘괄도네넴띤’. 팔도가 비빔면 출시 35주년을 기념해 선보인 제품의 이름이다. 팔도 비빔면 포장지 글씨체가 언뜻 ‘괄도네넴띤’처럼 보인다고 해 젊은 층 사이에서 유행한 신조어에서 따왔다. 이는 멍멍이를 ‘댕댕이’로 표기하는 것과 같이 기존에 있던 단어를 비슷한 모양의 글자로 변형하는 방식이다. 팔도는 이 신조어를 한정판에 적용해 판매하기로 결정했다. 기존 팔도 비빔면과 달리 포장에서부터 차별화를 뒀다. 비빔면을 상징하는 파란색 대신 흰색 바탕으로 포장해 시각적인 효과를 극대화했다. 또 기존 제품보다 더 맵다. 괄도네넴띤엔 할라피뇨 분말과 홍고추가 들어가 매운 정도를 나타내는 스코빌 지수가 2.652SHUD에 달해 기존 팔도 비빔면보다 5배 더 매운 것이 특징이다. 괄도네넴띤에 대한 소비자 반응은 폭발적이다. 팔도는 지난 19일부터 25일까지 일주일간 온라인 쇼핑몰 11번가 단독으로 이 제품의 판매에 들어갔다. 각종 포털에선 괄도네넴띤이 인기검색어 톱10에 꾸준히 오르며 소비자의 이목이 쏠렸고, 준비했던 일주일 치 판매 물량 1만 5000세트(7만 5000개)는 불과 23시간 만에 전부 팔렸다. 팔도 측은 부랴부랴 괄도네넴띤 공장 라인 완전가동에 들어갔으며 3월 초로 예정된 오프라인 판매를 앞당긴다는 계획을 세우고 있다. 윤인균 팔도 마케팅 담당자는 “네넴띤이란 제품을 출시하기까지 언어 파괴라는 측면에서 우려의 목소리가 높아 내부적으로도 고민이 많았다”며 “하지만 문화로 받아들이는 게 맞는다고 판단해 출시를 결정했다”고 말했다. 그는 또 "젊은 층을 타깃으로 하는 제품으로 그들의 언어로 제품화를 했을 때 더 감성을 자극할 수 있다고 결론을 내렸다”고 설명했다.

アメブロ

ツイッター

ミクシィ

Facebook スラ韓 公式ページ

Promote Your Page Too

ご利用可能決済クレジットカード

クレジットカードカスタマーセンター

[決済に関するお問い合わせ窓口]
電話 03-5909-1484(平日10:00-19:00) Email creditsupport@alij.ne.jp
[アナザーレーンHP]
http://www.alij.ne.jp/

2月のカレンダー

日月火水木金土
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

2月のカレンダー

日月火水木金土
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

トップページ > 利用規約

利用規約

GreenOrange(以下「甲」といいます)は、甲が運営する「スラスラ韓国語」
(http://www.surakan.jp)上で提供する全てのサービス(以下「本サービス」といいます)に関して以下の利用規約(以下「本規約」といいます)を定め、本サービスの利用者及び利用登録申込者(以下「乙」といいます)は、本サービスの利用登録の申込みをもって本規約に同意したものとみなされます。

第1章 本サービスの利用登録

第1条  利用登録

1項

乙は甲が定める手続きに従って、本サービスの登録をします。 乙は本サービスの登録にあたって、下記の事項を確認し、了承したものとします。

2項

乙は本サービスの利用登録にあたって、下記の事項を確認し、これに同意したものとみなされます。

  • 1.本規約を熟読し、その内容を理解しこれに同意した上で、本サービスの利用登録をすること。
  • 2.本サービスの利用のためにスカイプをインストールすること。 本サービスを利用する上で必要な  パソコン、インターネット環境、ヘッドセット、スカイプについては、乙自身で準備すること。
  • 3.氏名、電子メールアドレス、パスワードその他甲が定める項目につき正確な情報を登録すること。
  • 4.ニックネーム、コメントがウェブサイト上に公開されること。
  • 5.乙が登録した電子メールアドレスおよびスカイプID等に対して、甲からの情報提供を配信すること。  また登録時に設定したこれらの情報を乙の責任で厳重に保管すること。
  • 6.乙の通信環境、PC動作環境等が本サービスの利用に支障がない環境にあること。
  • 7.乙が未成年、成年被後見人、被保佐人、被補助人の場合は、法定代理人の同意その他、法律上有効に  本サービスの利用に関する申込みをするのに必要な法律上の手続を経ること。
  • 8.甲が定める決済方法により甲が定める利用料金を支払うこと。
  • 9.乙が支払った利用料金は、本規約に定める例外を除くほか、理由の如何にかかわらず返還されないこと。
3項

本サービスの利用登録は、利用登録の申込みに対する甲の承諾通知をもって完了するものとします。ただし、甲は利用料金の支払が確認できるまで本サービスの利用を制限できるものとします。

第2条  利用登録申込みの承諾拒絶及び甲による利用登録の抹消

  • 1.乙が実在しない場合。
  • 2.乙が利用登録申込みの際、甲が定める項目の全部または一部の情報を登録しなかった場合。
  • 3.乙が利用登録申込みの際、虚偽、誤記または不正確な情報を登録した場合。
  • 4.乙が利用登録申込みの際に甲に登録した情報に変更があったにもかかわらず、遅滞なく登録情報の変更  手続を行わなかった場合。
  • 5.乙が甲の定める期間内に甲が定める利用料金を支払わない場合。
  • 6.乙が既に本サービスの利用登録をしている場合。
  • 7.乙が過去に甲により利用登録の承諾を拒絶されまたは利用登録を抹消されていた場合。
  • 8.利用登録に際し乙が指定した銀行口座またはクレジットカードについて利用停止処分等が行われている  場合または行われた場合。
  • 9.乙が過去に利用料金の支払を怠っていた場合。
  • 10.乙が未成年、成年被後見人、被保佐人、被補助人の何れかであり、利用登録の時点で法定代理人の   同意その他、法律上有効に本サービスの利用に関する申込みをするのに必要な法律上の手続を経て    いない場合。
  • 11.その他甲が乙による本サービスの利用を不適切と判断した場合。

第3条  登録情報の管理・変更

1項

乙は本サービスの利用登録にかかる電子メールアドレス、パスワード等の登録情報を自らの責任で管理するものとします。乙による登録情報の失念、消失および登録情報の管理の不徹底により生じた損害、負担その他の不利益について、甲は一切責任を負いません。

2項

乙は甲に登録した情報の内容に変更があった場合、遅滞なく登録情報の変更手続をするものとします。乙が登録情報の変更を怠ったことにより生じた損害、負担その他の不利益について、甲は一切責任を負いません。また乙は自己の登録情報が他者によって不正利用されていることを知った場合、ただちに甲にその旨を連絡し、甲の指示に従うものとします。

第4条  利用料金

1項

乙は、本サービスの利用登録後、甲が定める利用料金(レッスンチケット料金及び韓国語レッスン用テキスト料金)を以下の方法で支払うものとします。支払先は利用登録の承諾通知において甲が指定します。

  • 1.利用料金をクレジットカード決済により支払う
2項

甲は、乙の利用登録抹消その他理由の如何にかかわらず、乙が支払った利用料金を返還しないものとし、乙はこれに同意したものとみなされます。

第5条  トトリポイント

1項

乙は、甲が定める一定の追加サービスを受けるためには、前条の利用料金とは別に、甲が定めるサービスポイント(以下「トトリポイント」といいます)を利用する必要があるものとします。

2項

乙は、甲所定の方法によりトトリポイントを取得することができます。

3項

乙の利用登録が抹消されたときは、乙の保有するトトリポイントはすべて消失します。

第2章 本サービスの利用

第6条  スカイプの利用

甲はスカイプが提供するサービスを用いて本サービスを提供します。スカイプの利用に際し、乙は下記の内容について同意したものとみなされます。

  • 1.乙は通話ソフトウェアの機能及びその利用について、スカイプの規定に従うものとします。
  • 2.乙は、自らの責任をもって、本サービスの利用前までに通話ソフトウェアをインストールし、  その機能・動作を確認するものとします。
  • 3.通話ソフトウェア及びその利用に必要なハードウェアの故障及び設定不備により、本サービスが  利用できない場合、甲は一切責任を負いません。
  • 4.甲はスカイプの事情により生じたトラブルについては一切責任を負いません。またスカイプが提供  するサービスに関するお問い合わせについては、一切受け付けません。

第7条  禁止事項

1項

乙は本サービスの利用に際し、以下に定める行為を行ってはなりません。

  • 1.乙の利用登録にかかる本サービスを他者に利用させ、または本サービスを利用する権利を譲渡し  もしくは担保に供する行為。
  • 2.甲の名誉、信用、肖像権、商標権、著作権その他一切の知的財産権を侵害する行為。
  • 3.違法行為、公序良俗に反する行為。
  • 4.本サービスの運用を妨げる行為。
  • 5.本サービスを営利目的で利用する行為。
  • 6.本サービスの他の利用者が経済的・精神的損害、不利益を被る行為。
  • 7.犯罪行為および犯罪行為に結びつく行為。
  • 8.講師に対する引き抜きまたは勧誘行為。
  • 9.講師の連絡先や雇用条件、勤務先や自宅住所、インターネット回線など甲の機密情報や個人情報を   詮索する行為。
  • 10.方法の如何を問わず、講師と個人的に接触しようとする行為。
  • 11.本規約に違反する行為その他、甲が不適当と判断する行為。
2項

乙が前項に定めた行為を行った場合は、甲は直ちに乙の利用登録を抹消できることとします。

第8条  個人情報の取扱い

1項

甲は乙の登録情報その他乙による本サービスの利用に関連して知り得た乙の個人情報を、個人情報保護法及び甲が別途規定するプライバシーポリシーに則って管理するものとします。ただし、以下に定める場合につき、乙の登録情報を第三者に提供・開示する場合があります。

  • 1.乙の同意が得られた場合
  • 2.法令などにより公的機関により甲が開示を求められた場合
  • 3.アルファベット表記で登録されたニックネームを本サービスの予約ページ等に掲載する場合
2項

甲は、円滑なサービス提供または提供するサービスの品質維持・向上等を目的として、提供するサービスの監視を行うことがあります。乙は自身が参加する韓国語レッスンが甲によって監視されている可能性があることを予め同意するものとします。

第3章 本サービスの終了

第9条  本サービスの終了

  • 1.乙が本サービスの利用登録を抹消するためには、甲所定の方法による利用登録抹消手続によるも  のとします。乙が利用登録を抹消した場合、利用登録抹消手続を完了した日を本サービスの利用  停止日とします。
  • 2.甲が乙の利用登録を抹消した場合、甲が乙の利用登録を抹消した日を本サービスの利用停止日と  します。

第10条  本サービスの事業中断・終了

甲は、事前または事後にウェブサイトもしくは電子メールで通知したうえ、乙の了承を得ることなく本サービスの事業を中断しまたは終了することができ、乙はこれにあらかじめ同意したものとみなされます。

第4章 雑則

第11条  賠償責任の制限

乙は下記に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、甲が賠償責任を負わないことに同意します。

  • 1.本サービスを利用したこと、または利用ができなかったこと
  • 2.乙の送信やデータへの不正アクセスや不正な改変がなされたこと
  • 3.本サービス中の第三者による発言、送信や行為
  • 4.本サービスの学習効果等
  • 5.乙が韓国語レッスン中に伝えた情報に起因するあらゆる損害
  • 6.その他本サービスに関連する事項

第12条  著作権および所有権

本サービスに関する商標権、著作権その他一切の知的財産権は全て甲に帰属するものとし、これらを乙が甲に無断で使用することを禁止します。

第13条  本規約の変更

甲は乙の了承を得ることなく本規約を変更することができるものとします。変更後の本規約は甲のウェブサイト上にアップロードされた時点で効力を生じるものとし、乙はその効力をあらかじめ承諾したものとみなされます。

第14条  準拠法および専属的合意管轄裁判所

本規約は日本法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。また、本サービスまたは本規約に関連して甲と乙の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。